カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 19日

鎌倉のジャムのお店:Romi-Unie Confiture(ロミユニ・コンフィチュール)

a0260044_2359551.jpg

鎌倉に行ったら絶対寄るっていうくらいお気に入りのジャム店「Romi-Unie Confiture」。
素材の味を活かした、センスのあるここのジャムは本当に美味しい。ジャムの概念が変わります。
瓶詰めのジャムはお値段もそれなりなので、プレゼント用に買うことが多いですが、自分自身にはいつもお手頃な量り売りのジャムを買うので、
私は今回も空ビンを鎌倉に持参して行きました♪







a0260044_019521.jpg













場所は鎌倉駅から徒歩8分くらい。西口にある紀伊国屋前の道を北鎌倉方面に歩いて行くとたどり着きます。

私は小町通りからJR線路を突っ切って行くことが多いですが、このお店のある通りはポツポツと可愛いお店があり、賑やかな小町通りとは趣が違うので、それもまた楽しい♪

外観はスタイリッシュで立派な建物です。いつも店内には女性が沢山います。有名店なので、お客さんが途切れることがなさそうです。










さまざまな果物から作られた瓶詰めのジャムは本当に色とりどりで、それらが整列された店内はまるで雑貨店のよう。

私はプレゼント用で買うことが殆どですが、いつも何にしようか迷ってしまいます。ここのジャムを人にあげると本当に喜ばれます。

あげる人をイメージしてジャムを選ぶのも楽しいですね。











a0260044_0275665.jpg

【Lumiere(リュミエール)80g 680円】
フランボワーズとペッシュ・ド・ヴィーニュ(フランスの桃)が使われたジャムです。この日は珍しく自分用に瓶詰めのジャムを購入しました。
まだ開けていないのですが、フランスの桃のお菓子を以前食べた時にとても香りがよかったので、選びました。
果物のブレンドにもセンスを感じます。食べるのが楽しみ♪










a0260044_0282068.jpg

こちらは量り売りのジャムです。私がいつも買うのはこちらの量り売りで、空ビンを持って行くと100g380円とお手頃価格でジャムをビンに詰めて売ってくれるのです。

賞味期限は一週間ですが、結構いいペースでなくなってしまうので、100gずつ買うのがちょうどいいのです。

ちなみにジャムの種類は日替わりで、3種類置いてあります。
上の写真は春の新作ジャム「sakura」。りんごをベースにしたジャムに桜を入れて香りを付けています。

一口食べてみましたが、りんごの味がしますが、自然な桜の香りがほのかにしました。ヨーグルトに入れて食べるのがよさそうです。










a0260044_029687.jpg

量り売りのジャムをもう一種類買いました。こちらは「Ma petite(マ・プティット)」、りんごとチェリーとクランベリーのジャムです。
こちらも一口味見をしましたが、クランベリーの食感がよく、チェリーの甘酸っぱさが引き立って美味しかったです。こちらもヨーグルトに入れて食べたいですね。
パンやスコーンにつけて食べるのもよさそうだし、使い道はさまざまですね。
なお、こちらは前にここで普通の80g瓶詰めジャムを購入した時の空ビンに詰めてもらったのですが、この場合は80g290円で売ってくれます。
ロミユニのジャム瓶を手に入れたら捨てずにとっておくのがいいですよ(笑)










a0260044_0293590.jpg

店内はジャムが中心に並べられていますが、レジ横に少し焼き菓子もおいてあるのです。
こちらは系列店である、学芸大学の「Maison romi-unie(メゾン・ロミ・ユニ)」で焼いているものだと思いますが、こちらも美味しいんです。
今回は「ケイク・アブリコピスターシュ」という、ピスタチオとアプリコットのケーキを買いました。
サブレも並んでいますが、こちらもバターの香りがよくて美味しいのです♪ついつい買い込んでしまうから危険危険!










a0260044_030356.jpg













最後に、ここでお薦めしたいのが、店主さんであるいがらしろみさんが執筆したジャムのレシピです。
本屋さんでも売っているところはありますが、あまり見かけることが少ないので、自分でジャムを手作りしたい!という人には本当におすすめの本です。
このレシピにならうと、時間もかからず、材料はシンプルでもとても美味しいジャムが家でも簡単に作れます。
この本のお陰でジャムをスーパーなどで買うことがなくなりました。というのも様々な種類の果物のジャムのレシピが書いてあるので、季節の果物のジャムが作れます。
ジャムを作るのにペクチンとか余計なものはいらないんですね。この本でジャム作りは面倒臭い・時間がかかるという概念が変わりました。






長々と書いてしまいましたが、本当にお気に入りのジャム屋さんなので、鎌倉に行く方にはおすすめしたいです。
自分で食べてよし、プレゼントにしてもよしのジャムですよ~♪





都内に住んでいて、鎌倉まで遠いという方は、学芸大学の「Maison romi-unie(メゾン・ロミ・ユニ)」でも購入可能で、
今だったら期間限定で吉祥寺の「cafe quatre(カフェ キャトル)」でもカフェメニューで提供、一部のジャムを販売しているので、興味があればこちらに足を運んでみるといいかもしれません。





【Data】
Romi-Unie Confiture(ロミユニ・コンフィチュール)
住所:神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-13-1 (鎌倉駅より徒歩8分)
HP:http://www.romi-unie.jp/(行く前に情報をこちらでご確認ください。)
[PR]

by baby_lee | 2012-03-19 00:43 |  鎌倉・湘南


<< 鎌倉のベーカリー:kibiya...      鎌倉の梅名所:宝戒寺(ほうかいじ) >>