カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 09日

相模大野のカフェ:bio ojiyan cafe(ビオ オジヤン カフェ)

a0260044_12252511.jpg

原宿や下北沢にある、おじやがメインの「bio ojiyan cafe」が相模大野にも出来たと聞いて、早速行って参りました♩
下北沢の店には一度行ったことがあるので、雰囲気は大体わかりますが、その時はお茶のみで、肝心のおじやを食べたことがありませんでした。
なので、今回は夕飯時にお邪魔しに行きました♩




a0260044_12283358.jpg












相模大野南口から徒歩2・3分の場所にありますが
住宅地が近くにあるため、駅からすぐの場所でも落ち着いた雰囲気です。
ここは以前、「おまもり」というカフェがありましたが、
どうやら業態を変えて改装したみたいです。



この日はちょっと遅くに伺ったため、入った時はお客さんはあまりいませんでした。
キャパは結構広めです。テラスもあるので、暖かい日なら昼はそちらでも良さそうです。
おまもりとは別のカフェですが、系列は同じなので、劇的に変わったというわけではないです。
店内にアートっぽいものがところどころに飾られているのも変わりません。





a0260044_16403157.jpg

メインのおじやを頼みました。プレーンなものは550円ですが、トッピングを付けたり、大盛りにしたりとカスタマイズができるみたいです。
私は普通のおじやにチーズをトッピング(+200円)を注文しました。チーズはバーナーで焼いてくれます。
ちなみに、タコウインナー・のり・揚げパンはデフォルトでついてきます。


おじやはお腹にたまらないかな?と思っていましたが、意外と容器が深くなっていて、ボリュームがありました。
焼いたチーズがアクセントとなっていて、美味しかったです。これは頼んで正解♩
これで合わせて750円だから、リーズナブルだと思います。デフォルトのウインナーや揚げパンも、箸休めに食べるにはちょうど良かったです。







a0260044_18442726.jpg

食後にデザートでも…と思いましたが、おじやがボリューミーだったので、大人しくドリンクのみにしました。
私が頼んだのは、ほうじ茶ミルク(550円)。これを見ると頼みたくなってしまうんです(笑)
ポットで出してくれるのはありがたいですね。ほうじ茶の香りがふんわりとして、癒されます。





閉店時間が近いため、お客さんもさほどおらず、ゆっくりと時間を過ごすことができました。
雰囲気もよく、おじやの他にもメニューは沢山あるので日常的に来ても飽きはこなさそうです。
今回は夜でしたが、今度は昼のランチに伺ってみたいです。





【Data】
bio ojiyan cafe(ビオ オジヤン カフェ)
住所:神奈川県相模原市南区相模大野8-4-7-1F (相模大野駅より徒歩3分)
HP:http://mfs.dtiblog.com/(行く前にこちらで情報をご確認ください)
[PR]

by baby_lee | 2013-03-09 18:48 |  町田・相模原


<< 相模大野のカフェ:naruco...      相模大野のカフェ:カフェ六月園... >>