カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 03日

三鷹のカフェ:yomo(羊毛)

a0260044_2330458.jpg

前述のモリスケに引き続き、三鷹駅近辺のカフェの紹介です。最寄り駅が三鷹駅といっても、今回のカフェは北口方面にあり、
住所は武蔵野市となります。可愛い小さなカフェは何気なく周りの雰囲気と似合っていて、前を通るたび気になっていたのですが、今回ようやく伺うことが出来ました。
夜遅くまで営業しているようで、地元の常連さんが気軽に立ち寄れる、アットホームなカフェです。










a0260044_23311250.jpg













場所は三鷹駅北口から三鷹通りを歩いて、前にも紹介したことがあるニシクボ食堂を越え、
郵便局を越え、またさらにちょっと歩いたところにあります。
マンションの一階部分にこじんまりとしたお店が幾つか並んでいて、その中の一つにカフェ「yomo」があります。





店に入ると、女性の店主さんがお出迎えしてくれました。私は入口に近いテーブル席に座りました
店内を見渡すと手編みのひざ掛け、ところどころにある羊のオブジェが目立ちました。
なるほど、だから店の名前が「羊毛(yomo)」と言うんですね!後で知りましたが、イベントでニットカフェを開催する時があるそうです。

他にもイベントがあるみたいですが、この日は「おでんの日」だったらしく、ご飯のメニューがなく、「夜ごはんセット」の中で頼めるものは限られているため、
私はその中でキッシュを選び、それとおでんを少し注文しました。






a0260044_23144482.jpg













おでんは玉子とちくわの二種類です。共に150円しなかったような気がします。
家庭的でほっとする味でした。







a0260044_23152917.jpg

「夜ごはんセット」のキッシュセットはキッシュ・スープ・ベーグル・ドリンクがついて1250円です。
会社帰りの一人暮らしの女性にはありがたい内容と価格ですね。四角いお皿にはキッシュ・ベーグル・お豆腐が乗っていました。
キッシュは野菜がごろごろ入っていて、手作り感がありました。ケーキ屋さんでみるキッシュではなく、和っぽい感じがある個性的なキッシュです。





a0260044_23173371.jpg













スープは根菜が沢山入っていて、食べ応えがありました。
ベーグルを浸して食べました。身体が温まります。






a0260044_23182446.jpg

食後のコーヒーは、可愛い湯のみとコースターで出てきました。豆は武蔵小金井の「ろばや」のものを使っているそうです。
一杯ずつ丁寧に淹れてくれるコーヒーは、香りと程よい酸味があり、美味しかったです。





入ったときはお客は私一人でしたが、近所の常連さんと思わしき方々が次々とやってきて、店主さんと話をしながら、それぞれ楽しそうに時間を過ごしていました。
その様子を横目で見ていて気づいたのですが、こちらのお店はカフェメニューだけでなく、お酒(日本酒とか焼酎などの)やおつまみセットなどもあるらしいので、
会社帰りのOLさんだけでなく、幅広い客層に対応できるようになっているみたいです。





吉祥寺のお隣エリアですが、吉祥寺にはなかなか無い雰囲気のアットホームなカフェだったので、なんだか心も温まりました。
ニットカフェやアロマカフェ、ライブなど小さな店内でもいろいろと催している様子なので、その日によって違う雰囲気を味わうことができそうです。
近くに住んでいる人は、仕事帰りにお酒やおつまみを食べに少し立ち寄る・・・というような便利な使い方もできそうです。






【Data】
三鷹のカフェ:yomo(羊毛)
住所:東京都武蔵野市中町3-4-4 武蔵野ビューハイツ F号室 (三鷹駅より徒歩13分)
HP:http://yo-mo-cafe.com/(行く前にこちらで情報をご確認ください)
[PR]

by baby_lee | 2013-03-03 23:21 |  三鷹・小金井・調布


<< 相模大野のカフェ:カフェ六月園...      三鷹のカフェ:morisuke... >>