カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 18日

吉祥寺のカフェ:かうひいや三番地

a0260044_2312385.jpg

この日は吉祥寺カフェのハシゴをしました♩開拓しないといつの間にか新しいカフェが出来ているのが、この街です(笑)
今回のカフェは、去年始めにこの土地でオープンしましたが、新しく出来た…というか、吉祥寺に返り咲きしたカフェです。
元々、長年吉祥寺で営業していたカフェが、鎌倉の長谷に移転し、数年間営業したのちに再びこの吉祥寺に帰って来たのです。








a0260044_2314728.jpg














場所は中道通りを歩いて、アーチを越え、さらに少し行った所にあります。
中道通りと言っても周りは住宅地なので、人もそんなにいなくて静かです。
元々の吉祥寺のお店も中道通りにありましたが、その頃に比べるとちょっと遠くなった印象です。



最初の吉祥寺のお店は前を何度も通っているのに行ったことがありませんでしたが、鎌倉で営業していた頃に一度だけ伺ったことがあります。
長谷の海に近い古民家を改装していて、前の庭を眺めながらコーヒーを飲んで、贅沢な時間を過ごしました。
店内のヴィンテージの品々が鎌倉のイメージとマッチしていたように思います。



鎌倉の店とは違い、新店はかなり規模が小さくなったものの、面影はちらほらとありました。
昔のミシン台を利用したテーブルや、そこにあるだけで存在感がある古いスピーカーなど、多分ずっとお店で使われているものだと思います。
そして職人っぽさを感じさせるマスターが現れた時、私は何故か一度しかお目にかかったことがないのに、不思議と懐かしい気持ちになりました。



ブログでは「カフェ」カテゴリにしましたが、どちらかというと喫茶店の性質に近いと思います。
コーヒーと音楽と煙草、まさに古い喫茶店を物語るアイテムが似合います。






a0260044_23154530.jpg

コーヒーはブレンドが三種類あり、私は一番深い味わいと説明を受けた「ノワールブレンド(500円)」を注文しました。
香りが本当に良く、苦味と酸味が深く感じられます。
一杯ずつ丁寧に淹れるコーヒーを少しずつ味わいながら時間をゆっくり過ごしました。






a0260044_23174848.jpg

デザートはいいかな?と思っていたのですが、「マロンケーキ(400円)」が美味しそうだったので、それもオーダー。
洋酒の風味があり、ところどころに細かい栗の実を感じることが出来ます。
昔食べたことがあるような、思わずほっこりとしてしまうようなデザートでした。
コーヒーとよく合い、美味しくいただくことができました。




場所柄、周りが住宅地だからか、お客さんは近所の常連さんと思わしき人が多く見受けられました。
みんなマスターと世話ばなしをしてから帰って行きます。
もしかしたら昔の店からの常連さんも少なくないかもしれませんね。
来街者が多い吉祥寺では珍しいお店ではないでしょうか?




吉祥寺の中道通りに戻って来た、美味しいコーヒーがいただける「かうひいや三番地」。
是非安らぎを求め、訪れてみてください。お薦めです♩







【Data】
吉祥寺のカフェ:かうひいや三番地
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町3-23-9 (吉祥寺駅より徒歩15分、三鷹駅より徒歩11分)
備考:喫煙可
HP:なし
[PR]

by baby_lee | 2013-02-18 23:19 |  吉祥寺


<< 横須賀のおすすめスポット:燈明...      吉祥寺のカフェ:MOTHERS... >>