カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 05日

鎌倉の甘味処:くるみ

a0260044_2347382.jpg

9月初めに行った、鎌倉紀行の続きです。鎌倉といったらお寺巡りと、甘味処の開拓はしたいもの。よって、今回も行きましたよ(笑)
お寺から街に帰ってきて、どこかで休みたい…と思っていたところ、ちょうど小町通りの老舗の甘味処、「くるみ」の看板が目に入りました。
前は古い建物でしたが、最近ここら一帯が商業施設になってから、その一部として、リニューアルしたみたいですね。









a0260044_2348083.jpg














繁華な小町通りの老舗とあって、客足は絶えることがないみたいです。それでも私が行ったときは席が一つ空いていて、ラッキーでした。
いつも前を通ると、外まで行列が出来ているイメージだったので、タイミングが良かったと思います。
入ったのが確か16時過ぎで、閉店時間に近かったからかもしれませんね。


中に入って、所狭しと並べられたテーブルに座りました。女性の友達同士のお客さんが多かったなぁ。結構賑やかです。
シンプルな甘味が並ぶメニューを見て、この日は結構食べ歩いたので、比較的あっさりしたものを選びました。






a0260044_23473930.jpg

頼んだのは、「あんみつ 600円」。まぁ、あっさりというかオーソドックスですよね(笑)
でも、いつもはクリーム白玉あんみつのような、スペシャルなものをついつい頼んでしまうので、私にしては珍しいチョイスなんです(苦笑)
普通のあんみつでも、白玉が三個乗っているのは嬉しいな♪



食べてみた感想…というか特徴は、どのパーツもしっかりと味があるということ。
たとえば、えんどう豆は少し塩味を感じる中で豆の味と硬くない食感があり、寒天はちょっと磯の香りを残して弾力がある……というような感じ。
特に白玉はかなりレベルが高く感じられました。もちもちと柔らかい食感は家ではなかなか作れないです。
シンプルだけど、かなり丁寧な仕事が感じられ、チェーン店では味わえないあんみつです。老舗ってすごいと思わず納得しました。





実ははじめての「くるみ」でしたが、栄枯衰退が激しい小町通りで長く営業できる理由がわかったような気がします。
けっこう賑やかなので、静かにお茶を…という雰囲気ではないですが、純粋に甘味を楽しみたい人にとってはオススメのお店です♪





【Data】
くるみ
住所:神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38(鎌倉駅より徒歩6分)
HP:なし
[PR]

by baby_lee | 2012-10-05 23:51 |  鎌倉・湘南


<< 吉祥寺のフレンチ:Brasse...      鎌倉の寺院:光明寺(こうみょうじ) >>