カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 01日

名古屋一社のカフェ:coffee kajita(コーヒー カジタ)

a0260044_19151744.jpg

喫茶店文化が発達した名古屋には素敵なカフェが沢山あります。去年は「青猫」に出会えましたが、今年も素敵なカフェにめぐり合えました。

東山線一社駅近くにある、「coffee kajita」。名古屋のカフェ好きだったら知らない人はいないんでは無いでしょうか?
豆と焙煎にこだわったコーヒーと、パティシエが作る美味しいデザートがいただけます。










a0260044_1916161.jpg













名古屋駅から東山線に乗って20分強。一社という住宅地が広がる駅で降ります。
地図があったほうがいいと思うけど、駅から近いので住宅地を散歩していると何気なく到着してしまうような気もします。
隣には去年行って感動した、可愛い北欧雑貨店の「ミュシカ」があります。(今年ももちろん行きました。)

真夏の日差しを浴び、ヒートアップした身体で店内に入り、奥のカフェスペースに行きます。カウンター席しかなく、店内は決して広くはありません。
しかしカウンターは長くくつろげるような一人席ソファ。座ったとたん、炎天下で歩き回った疲れが一気に分散されました。







ここは店名の通り、コーヒー屋さん。メニューにはコーヒーの種類が沢山あります。豆の産地や豆の煎り具合など、それによって風味の異なるものがさまざま。
私は普段あまりコーヒーを飲まないため、そんなに詳しくはないんですが、酸味が少なく香りが強いものをマスターと相談しながら決めました。

このお店は奥でコーヒー豆を自家焙煎していて、オーダーが入ってから豆を挽いてくれます。
流石に詳しくなくても、コーヒー豆は「煎りたて・挽きたて」が一番美味しいということは知っています。
だからお店のコーヒーに対するこだわりは、ダイレクトに伝わってきました。

平日の昼下がりということもあり、お客は私しかおらず、マスターの目の前でコーヒーを淹れる作業をじっくりと見ることができました。
とても丁寧な作業。特別なおもてなしをされたような気になってしまいます。








a0260044_19164524.jpg

そして、そのスペシャルな一杯のコーヒーがやってきました。深い苦味と香りが感じられ、美味しかった。挽きたてならではの豆の香りです。






a0260044_19165859.jpg













コーヒーの付け合わせにはくるみの砂糖がけがサービスされます。香ばしく、コーヒーに良く合いますね♪






a0260044_19171390.jpg













ちなみに、ここのカップは棚に飾ってあるヴィンテージのカップから選んでコーヒーを淹れてくれます。
ヴィンテージのカップといっても日本からイギリス、私の好きな北欧ものまでさまざま。
ノリタケのフラミンゴのカップ、Lyngbyのしずくのカップ、グスタフスベリのスピサ・リブ・・・
私がわかるのはこれくらいですが、素敵なセンスあるカップがずらりと並んでいました。
今回私にもてなしてくれたのはイギリスのスージークーパーの羽根の絵柄のカップ。繊細な絵がとても綺麗で見とれてしまいました。
マスター、いい趣味しているなぁ。というか、ちゃんとカップにまでこだわりがあるのは、陶器好きとして嬉しい。
たった一杯のコーヒーに細部までこだわりを感じ、出されたコーヒーはまさに一つの芸術作品といっても過言ではないくらいでした。








a0260044_19172849.jpg

そしてここはデザートも美味しいと聞いていたので、無論、頼まない手はないでしょう。
店内限定品である「杏仁豆腐とメロンのジュレ」を注文しました。こちらも見ての通り、芸術作品。
とろける杏仁豆腐とさわやかで香りの良いメロンジュレの重なりがたまらない・・・。






このカフェは夫婦で経営していらっしゃるそうですが、旦那様はコーヒーを淹れ、奥様はそれに合うお菓子を作ります。
奥様はなんでもパティシエの修行をされたそうで。だからここで出てくるスィーツも天下一品!!
この杏仁もとても美味しかった!!そして、ショーケースに飾ってあったモンブランも美味しそうだった…





美味しいコーヒー、美味しいデザートで心を満たし、何から何までこだわりを感じることができたおもてなしにすっかり満足し、店を後にしました。
カウンター席だけなので、落ち着かないかな?と思ったんだけど、マスターの程よい距離感のある接客のおかげで落ち着いて時間を過ごすことができました。
近くにあったら通ってしまいそう。というか、コーヒー、デザート共に全品制覇をしたいです。






レジ近くにはお土産用のコーヒー豆、コーヒーパックや焼菓子などが置いてあるので、ついつい買ってしまいました。








a0260044_19174449.jpg

名物のアイスコーヒーパック。これは結構有名です。名古屋に留まらずいろんな地域で売られています。
吉祥寺では北欧雑貨店の「cinq」で売られていますね。(パッケージにアレンジが施されているけど。)
名古屋に行けない人はこのパックで雰囲気をお楽しみください。飲んでみましたが、酸味の残る濃いめのコーヒーでミルクにも合います。
甘いお菓子を食べながらブラックで飲むのもいいかもしれません。丹精を込めて淹れたコーヒーなので、そんなにお安くないのが玉にキズですが。






a0260044_19175876.jpg

ケーキのお持ち帰りもできると思いますが、私は距離的にムリなので諦めて焼菓子のみ買いました。ガレットとフロランタン。もちろん美味しかった。
発酵バターを使っているため、とても風味がよく上質な味がしました。確かに素人の作れるお菓子ではありません。







思えばコーヒーもお菓子もプロがもてなすカフェってほとんどないですよね。ここでは何もかも仕事にこだわりを感じられ、パーフェクトといった感じでした。
実は去年、ここを訪れた際に週末だったため、人気のカフェということもあり、満員で入ることができませんでしたが
今回は平日に訪れ、ゆったりとおもてなしの時間を過ごすことができたのでとても満足しました。また来たいけど、今度も平日がいいなぁ。





店を出た後、お腹も心も満たされ、特別な気分になりました。名古屋に訪れた際は「coffee kajita」に是非寄ってみてください。
何か特別な気分になれるかもしれません。






【Data】
coffee kajita(コーヒー カジタ)
住所:愛知県名古屋市名東区高社1-229(一社駅より徒歩3分)
HP:http://www.coffeekajita.com/index.html(行く前にこちらで情報をご確認ください。)
[PR]

by baby_lee | 2010-09-01 19:13 |  その他


<< 西荻窪のカフェ:空ナナ      静岡のカフェ:Qu'i... >>