カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 26日

吉祥寺のカフェ:おちゃらか

a0260044_22504476.jpg

中道通りにある、お茶屋さん兼和カフェです。ここのカフェのメニューは洋のセンスを取り入れた和食と日本茶が中心。
お茶のお供として、鯛焼きやモンブランと言ったスィーツもあります。オーナーはなんとフランス人。
店に入るとたまに他の外人さんと流暢な英語をしゃべっている姿を見ます。フランスの方ってバイリンガルなんでしょうかね?









a0260044_225145100.jpg













カフェの他に雑貨の販売もしているのですが、特徴的なのは日本茶のフレーバーティがあることですね。
紅茶では良く見ますが、日本茶ではかなり珍しいと思います。「サクラ」「焼きりんご」など季節商品もありますよ。
私はフレーバーティは苦手なので、そんな良く見てはいないのですが・・・(汗)


それと、作家さんが作った湯のみや急須も売られています。私はどちらかというとこちらのほうを見てしまいますね。
可愛くてそんなに値段も高くありません。






a0260044_22521115.jpg













私はここに来ると、売り場隣のソファ席に座ります。たしかテーブルはお茶箱だと思いました。
ソファの向こうにはちゃぶ台がある小さな半個室があります。










a0260044_22522859.jpg

頼んだのはほうじ茶ミルク(700円)。邪道なんですが、これがあるとついつい頼んでしまうメニューです。
とても香ばしい香りがして、ほうじ茶・ミルク両方の味が良く出ていて、調和しています。
今まで飲んだほうじ茶ミルクの中ではかなり上位のレベルです。さすがはお茶屋さんですね。
自分の家でもほうじ茶ミルクをたまに作るので、今飲んでいるほうじ茶がなくなったらここのものを買おうかな♪









a0260044_2252532.jpg

デザートはモンブラン(650円)を頼みました。上の糸状の栗のクリームはオーダーしてからデコレーションしてくれるのでしょうね。
中が生クリームになっていて、上の栗のクリームが濃くて、美味しかったです。
下に敷いてあるメレンゲもサクっとして美味しかったです。日本茶にモンブランは結構合いますね。
本当はほうじ茶ミルクではなくて、普通の緑茶がいいんでしょうけど(汗





座席が少なく、どちらかと言うとお茶屋としての役割が大きいので長くゆったりはできないですが、
吉祥寺のカフェで日本茶を飲みたいという方にはおすすめです。雑貨を見ながら日本茶を楽しむのもいいかもしれませんよ。






【Data】
おちゃらか
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町3-3-11(吉祥寺駅より徒歩7分・中道通り沿い)
HP:http://www.ocharaka.co.jp/(行く前に情報をこちらでご確認ください。)
[PR]

by baby_lee | 2012-03-26 22:54 |  吉祥寺


<< 小金井の梅名所:小金井公園(梅...      本厚木のカフェ:nil caf... >>