カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 29日

鎌倉の甘味処:こまめ

a0260044_21425612.jpg

この日は有給を取って、アジサイを見に鎌倉に出かけました。
きれいなアジサイを見て満足しましたが、歩きつかれたので甘味処で一休みすることにしました。
鎌倉で甘味というのは実は久しぶり。
鎌倉はやはり甘味処が多いので、どこに行こうか迷ってしまいますね。
とはいっても人気のあるお店は休日になると店外に行列をなすほどの混雑振りなので、
どうせならそういう休日には行きにくいお店に行きたいものです♪







今回は繁華な小町通りとは逆方面に位置する鎌倉市役所と紀ノ国屋の間の道をテクテク歩き、
トンネルを越えたさらに向こうの佐助という場所にある「こまめ」さんに伺いました。
鎌倉駅から10分くらい歩いたかな?
こちら側には商店街はなく、店はぽつぽつと疎らにある感じで、街というより住宅街という感じ。(お屋敷が目立ちました)
とても落ち着いた静かな場所です。





a0260044_21441982.jpg














そして、お目当ての店に到着。
混んでいる、との情報があったのである程度覚悟をしていたのですが、
さすが平日の雨時の閉店間際ということもあり、混んでいない…というより私以外お客がいませんでした。
女性の店主さんが一人で切り盛りされているのか、奥の厨房から現れてお茶を持て成してくれました。
時間もさほど無いので、早速注文の後、程なくして頼んだものがやってまいりました。







a0260044_21451455.jpg

私が頼んだのは「豆腐白玉入り黒かん」。見ての通り普通の寒天と違い、黒い!(というか、茶色?)
ここの寒天には黒糖と生姜が入っていて、普通の寒天とは一味も二味も違うものになっています。
このお店はこの「黒かん」を名物にしていて、それを中心としたメニューが沢山あります。
しかも、この黒かんは普通の黒蜜をかけるのではなく、自家製の生姜シロップをかけていただくという、なんとも初めてづくしの品です。


肝心のお味は・・・もちろん美味しいですよ♪
というか、今までに食べた白い普通の寒天とは別物です。
黒糖が入っているとはいえ、甘さ控えめで寒天の味と黒糖のほのかな香りと生姜の味がよく調和しています。
ただ、この黒かんをそのまま食べれば結構あっさりとしてしまいますが、そこに生姜シロップをかけることによって美味しい甘味となるんです。
生姜っていうのはよく考えたなぁーと感心してしまいました♪

私が頼んだものは黒かんの上に豆腐入りの白玉が乗っていて、白玉好きにはもってこいの品でしたが(豆腐はあまり感じなかったけど)、
このお店の目玉は黒かんのうえに煮た白手芒(しろてぼう:白いんげん豆のこと)が乗った「こまめ黒かん」だそうです。
黒かんと白手芒がよく合うんだそうですよ。
白玉黒かんはもちろん美味しかったけど、初めて来たのだから、どうせなら名物を頼んでおけばよかった、と少し思ってしまいました(汗)




a0260044_214602.jpg














閉店間際でしたが、店のゆったり感と外に庭先のアジサイが見えたりしたので、ちょっとお茶を飲みながらひと休み。
やっぱり、平日の鎌倉っていいねぇ。休日じゃあ、人がいすぎてこんなに店でゆったりできないですからね。


十分休んだので帰ろうと思って、店主さんを呼んで会計をし終わったところ、店主さんと話をする機会が得られました。
「味はどうでしたか?」と聞かれ、もちろん「美味しかったです。」と答え、そこから黒かんについて、そして世間話も少しほどしてしまいました。
店主さんによると、ここの寒天は天草の産地にもこだわっているそうで、国内の数種類の天草を使い、時期によっても配合を変えているそうです。
素人からすると、天草の味の違いがわかるってすごいなー、と敬服してしまいます。
興味のある話で、店主さんのただならぬこだわりを感じ、聞き入ってしまいました。


休日は混んでいるという噂だったので、このように比較的空いている平日に来て、こうやって店主さんとお話をする機会が得られてよかった♪
黒かんも美味しかったし、また来たいと思える店でした。
休日でも、そんなに店外に行列ができているわけでなければ行きたいですね。今度は名物のオーソドックスな「こまめ黒かん」を食べてみたいと思います。




【Data】
甘味処 こまめ
住所:神奈川県鎌倉市佐助1-13-1(鎌倉駅より徒歩8分)
HP:http://komame-kurokan.jp/(行く前に情報をこちらでご確認ください。)
[PR]

by baby_lee | 2010-06-29 21:41 |  鎌倉・湘南


<< 吉祥寺のカフェ:komagur...      銀座のカフェ:PIERRE M... >>