カフェと、北欧食器と、街と、緑と、海と。

babylee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 04日

吉祥寺のカフェ:shiva cafe shakti(シヴァカフェ シャクティ)

a0260044_22562935.jpg

昨日は吉祥寺で人気のカレーカフェ、「sajilo cafe」の姉妹店である「shiva cafe」に夜カフェで行ってきました。
本家はカフェみたいなカレー屋さんでしたが、こちらはカレーも出すカフェと言った感じです。
メニューもカレーだけではなく、ドリンクやデザートのバラエティがあります。











a0260044_22572093.jpg













場所は「sajilo cafe」と同じく五日市街道にあり、成蹊大学の近くです。
駅から徒歩10分くらいかな??まぁいい運動だと思えば・・・




店内はまさにナチュラルカフェ。
窓側には植物や雑貨があしらわれ、使い古されたアンティークの不揃いの椅子や机が配置され、
上から垂らされたこれまたアンティークのペンダントの弱めの明かりがぼんやりと店内を照らします。
アンティークの物々と店内のほの暗さが全体の雰囲気を和らげて、センスがよく温かみのある雰囲気です。


昼は人気のカフェということもあり、長居は出来なさそうですが、夜はさほど人がおらず、読書を楽しむことも出来そうです。
店内の撮影はNGとメニューに書いてあったので、とりあえず自分の頼んだものだけカメラに収めました。



私が店に行ったときは夜だったので、普通の単品メニューでしたが、
時間によってはランチやカフェタイムでお得なセットもあるみたいです。
デザートや飲み物が充実していて、フード類はカレーやグラタンなどメインが3.4種類と
ピクルスやサラダといったサイドメニューが結構ありました。
お値段もそんな高くないので、ついつい頼んでしまいそうですね。





a0260044_2313818.jpg

日替わりのスープ。器も可愛いです。作家さんの器かな?味わってみるととても濃いポタージュ。だけどとても優しい味です。
色はかぼちゃですが、かぼちゃの味は薄い気がするので、ジャガイモも入っていると思います。
中にはきのこも具として入っていました。冬に食べたら身体が温まりそうです。






a0260044_2322992.jpg

そして、メインの玄米ごはんプレートがやってきました。
あまりメニューを見たとき、まぜごはんとあってぴんと来なかったんですが、実物と店員さんの説明でなんとなくわかってきました。


玄米ご飯とサラダ、半熟オムレツ、パパルというスナック、そして真ん中には野菜とひよこ豆のトマト煮が盛り付けられていました。
店員さんによると、お好みでパパルを割って、別添えのトマトソースを混ぜて食べてください、とのこと。
パパルは少し塩味がある薄焼きの小麦粉で出来たせんべいみたいなものです。



簡単に言うと上品なタコライスと言ったところでしょうか。私は取りあえず全て混ぜてタコライスのように食べました。
味付け自体は薄いので、個人的にはトマトソースをかけたほうが好きです。ほっくりとトマトで煮てあるひよこ豆が美味しい♪
あと、このメニューはどうやら肉類が使われていないみたいなので、とてもヘルシーです。



今回は夜ごはんのみでしたが、デザートやチャイも気になったので、再訪したいなぁ。
全体的にメニューは薄味ですが、美味しくて何よりも雰囲気がよかったです♪





【Data】
shiva cafe shakti(シヴァカフェ シャクティ)
住所:東京都武蔵野市吉祥寺北町3-1-1(吉祥寺駅から徒歩13分)
HP:http://shivacafe.jp/(行く前に情報をこちらでご確認ください。)
[PR]

by baby_lee | 2010-10-04 22:54 |  吉祥寺


<< 茅ヶ崎のカフェレストラン:MO...      鎌倉のパティスリー:Patis... >>